ネットワークエンジニアならフリーランスでも活躍できる

キャリアパス大研究!ネットワークエンジニア編

ネットワークエンジニアのキャリアパス情報、決定版!

【レバテックフリーランス】
フリーランスエンジニアの案件探しにはフリーランス専門エージェント「レバテックフリーランス」の活用を!

業務委託契約という選択肢

業務委託契約という選択肢

「ネットワークエンジニアになる」=「正社員として雇用してもらう」というイメージが強いかもしれませんが、仕事をする方法は必ずしも正社員しかないわけではありません。ネットワークエンジニアなどのようなIT系エンジニアならば、業務委託契約に基づいて仕事をするという選択もあります。つまり、フリーランスのエンジニアとして仕事をするということです。ネットワークエンジニアとしてのスキルと知識を習得していれば、仕事を探すためのサービスやツールはたくさんあります。

検討すべき理由

検討すべき理由 検討すべき理由 ネットワークエンジニアがキャリアパスを考える際には、業務委託契約をすることも考えてみると良さそうです。業務委託契約をすることで、会社に勤め続けるよりも多くの報酬を得ることができます。実際に、ネットワークエンジニアの報酬額を見ると、正社員と比べても高い報酬を貰っているのが分かります。他にも、自分で仕事を選んで契約することもできます。得意な案件を引き受けることもできるのは、非常に大きなメリットではないでしょうか。仕事をしながら会社を知ることもできるので、再就職に繋げることも可能です。

どんな人が向いているのか

どんな人が向いているのか どんな人が向いているのか 業務委託契約で働くのは、全てのネットワークエンジニアに向いているというわけではありません。まず、業務委託契約で働くことになれば、一人で仕事をする時間がほとんどになり、モチベーションを維持するのも大変になります。そのため、孤独に耐えられない人や仕事自体が好きではないという人は、あまり向いているとは考えられません。他にも、マイナス思考に陥りやすい人よりはプラス思考の人の方が向いているでしょうし、引き受ける案件の量などの自己管理ができる人であることも求められます。

助成金を有効活用

助成金を有効活用 助成金を有効活用 業務委託契約のネットワークエンジニアであっても、一定の条件を満たせば助成金を受けることができます。助成金は企業が受けるものというイメージが強いかもしれませんが、フリーランスであっても受けることができるのです。業務委託契約でも受けられる助成金は5つあります。それぞれに受けられる助成金の金額が違いますし、どのような場合に受けられるのかという条件も違います。そのため、もし有効活用したいのであれば、条件をよく確認して利用できないかを考えることが必要です。

Page Top

Copyright © 2015 キャリアパス大研究!ネットワークエンジニア編 All Rights Reserved.